お問合せ・資料請求

Voice

住まい手の声:Tさんご一家

中山さんに出会い、目指す家づくりがかわりました。


ハウスメーカーや、工務店の見学会を山ほど見てまわった結論が 自然と住まい研究所でした。

Tさんのお宅は、実は(有)自然と住まい研究所の記念すべき一棟めの物件。建築家伊礼智さんの設計による、家族五人がたのしく暮らせる小さな住まいを訪問しました。

冬寒く、夏暑いアパートに暮らしていたTさんの家づくりは、「暖かい家」探しでもありました。一年近くかけて、総合展示場や完成見学会に足を運び、いろいろなハウスメーカーや工務店と話をしたそうです。「職業柄、最初のウチはスペックばかりに目がいってました。」という技術畑のTさんがまず注目したのは「断熱」でした。「最初のうちは外断熱にしないといい家にならないと勘違いしてました(笑)」というTさんが採用したのは、セルロースファイバーによる充填断熱。隙間なく断熱でき、調湿効果にも優れた断熱工法です。
実際、取材時はみぞれまじりで外気温が4℃しかありませんでしたが、室温は暖房なしで21℃を保っていました。断熱だけでこれだけ暖かいのかと驚く記者に、「これは、昨日蓄えたパッシブソーラーの熱がが残ってるからなんですね」とTさん。
実は、Tさんの家には、セルロースファイバーだけでなく、太陽熱を床下に取り込んで家全体を暖房するパッシブソーラーが採用されているのです。つまり、Tさんの家は、太陽で暖めた熱を逃がさない確かな性能を持った家だということができます。とにもかくにも、Tさんは家づくりの当初の目的である「暖かい家」を手に入れることができたようです。

Customer Interview

日々の暮らしを愉しむ。

濃いグレーのガルバリウムに、木部のコントラストが映えるそのファサードは、周囲の住宅より控えめなたたずまい。「ウチは、他の家に埋もれているんです(笑)」とTさんはいいますが、多国籍で背高のっぽな家が多いなか、Tさんの家はどこか品格を感じさせるもので、逆に町並みはこうした家によって形作られるべきだという思いになります。

そんなTさんの住まいを設計されたのは、建築家の伊礼智さん。以前から伊礼さんと交流のあった中山さんが、「いい家を建てたいなら、ぜひ紹介したい建築家がいる」とTさんに引き合わせたのだとか。
そんな、伊礼さんの家づくりには、奥様もかなり影響を受けたといいます。奥様手作りのケーキをごちそうになりながら、奥様にもお話を伺いました。「わたしは、とにかく最初のウチは、「お得感」だけで選ぼうとしてました。キッチンのグレードが高いとか、お風呂が豪華とか…。でも、いろいろと見ているうちに目が肥えましたね。」と奥様。「特に、中山さんから紹介された伊礼さんの物件を何軒か見学させていただいて、住みたい家が変わってきた気がします。」「シナベニアや土佐和紙など、使っている素材はなんてことないものばかりだけど、住んでいてとても豊かな感じがするんです。」と話す奥様の趣味は、家庭菜園。ケーキづくりといい、暮らしそのものを楽しんでいることがとてもよくわかります。

家族がひとつになる住まい。

取材の間、子供たちもリビングでたのしそうに遊んでいました。Tさんの家は、キッチンとダイニング、リビング、和室がつながったワンルームの構成、階段も吹き抜けになっており、どこにいても、家族の気配を感じることのできる住まいになっています。「心地よさって、目には見えないじゃないですか。伊礼さんの設計は、空気とか熱とか、そういうものまでデザインしているって感じがして、すごく気に入ってます」とTさんがいえば、「とにかく、部屋間の温度差がないので、それがとても心地よいですね。」と奥様。3年目の冬を迎えて、ますます家への愛着が増したようなTさんご一家でした。

住まい手の声 一覧にもどる

もっとお客様の事例をお知りになりたい方へ!

モデルハウス、ショールームへお越しください

  • Showroomつくばショールーム

    つくばショールーム

    自然と住まい研究所のショールームがつくば松野木にオープン!

    自然素材でつくる、心地よい木の家の設計・素材・施工をあなたの五感でお確かめいただけます。

    詳しくはこちらから
  • Model House守谷モデルハウス

    守谷モデルハウス

    いつまでも変わらない価値と丁寧な暮らしを提案した新しいスタイルのモデルハウス。美しく年をとる木の家の経年変化を肌で感じていただきながら、季節に合わせた設えの中で、ゆったりと家作りについて語りあいませんか?

    詳しくはこちらから